スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびっこねこカガリその2

ちびっこねこカガリその2 です。


ーーーーーーーーーーーー


「うむ~、上手い!このタルトは誰が持ってきてくれたんだ?」
ちんまりとしたカガリは大きな瞳をくりくりさせて
イザークを見上げる。口元にちょこっと欠片が残っているが
それはご愛嬌。

普通の大きさでこんな子がいたら
ほお擦りものの可愛さだな、と気が緩むイザークだったが
ラクスの悪戯を思い出せば、そんな妄想にひたってはいられない。

「・・・お前は暢気でいいな・・・」
「うん?何でだ?」
幼児が遊ぶ、人形のおままごとセットに入っているような
小さなカップでミルクティーを飲んだ後、カガリは首をかしげる。

「それを作ったのは、マーシャンのセトナ嬢だ。
どうやら・・・」
「どうやら?」
「いや・・・何でもない」
言いよどむイザークに、カガリは耳をピン!と立て
答えを待ったが、イザークは答えを濁した。

・・・まさか、今回のラクス嬢の悪戯にセトナ嬢も携わったなど
言うわけにもいくまい。
イザークはその時のことを思い出して、はーと深く溜息を
吐き出す。



「カガリさんにネコ耳なんて、素敵ですわね」
「もちろんしっぽ付きで!」
「もちろんですわ、セトナさん♪」
「それにちーっちゃくなって、どこえでも
一緒できたら最高~~~~~~~」
「最高ですわ~~~~~~~~~」

取り巻いていたキラ、アスラン、イザーク、ディアッカ、シン、
マーシャンのアグニス、ナーエは一瞬驚愕したが
「「この2人の言葉に逆らってはいけない」」を思い出し
納得せざるえない状況であることを知る。
その一方、ルナマリア、メイリンは
「きゃー!きっと可愛いですね!」と大絶賛。
マーシャンのディアゴは「セトナ様の言うことは絶対です!」
とややずれた歓声を上げ、ソウキスを従えたミナは
無言ながら、口元を緩めた。




「はーーーーーーー」
イザークは再び溜息を付く。
下を向いていたせいで、カガリに直接その溜息がかかり
カガリは座ったまま、ぺちょんと後ろに倒れた。

何が起こったのか分からないという感じで、大の字で
寝転がったまま、目をぱちくりさせる様はこれまた可愛く
「すまない!」と言いつつもイザークはこの姿もやはり
可愛いと認めざるえない。





その1は7/31の日記にあります。
マーシャンについてはこちら
http://www.delta-astray.net/astrayworld.html
セトナはアグニスの姉(カプセルの中で寝ていて
見た目セトナのが子供ですけど)
ミナやソウキスはwikipediaのこれが分かり易い
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロンド姉弟


スポンサーサイト

*コメント

うわ~うわ~

ZEROさま こんにちわ!
ちびっこねこカガリ! かわいいい~~~
イザーク 狂い死にしそうですねえ 鼻息でとぶなんて!なんてことでしょう。
続きがきになります!

でも この状態はいつまで? お風呂や着替えはどうするんでしょう。 なんか 「南くんの恋人」で、男の子がちなみのために パンツをちくちく手縫いするシーンを思い出してしまいました。  やーね。イザークがそんなことするわけないですよね??

前回コメントはあまりにバカなことを かいてしまったので、管理者さんのみ閲覧にしてしまいました。 今回のもバカらしい!と思われましたら 削除なりなんなりしてくださいませ。

ごめんなさい!訂正です

「南くんの恋人」 (内田春菊さんのマンガですよ。)の主人公の名前を 「ちよみ」なのに「ちなみ」なんて書いてしまいました!

 もし 見てなかったら パンツを縫う南くんをぜひ見てみてくださいね!?

溜息がかかったカガリが ぺちょん と倒れるところがとても可愛くて堪りませんw
ぺちょん が私の中でツボにはいってしまいました!

サイトのほうにコメントありがとうございました。Resがなかなかできないですがいつも励みになっております~!
非公開コメント

        
*プロフィール

andc/zero

Author:andc/zero
ちょっと遠回り?でもじつはそれが直線だった。そしてちゃんと理想に向かって歩いてる、そういう感じでいきたいです。

        
*最近の記事
        
*最近のコメント
        
*最近のトラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリー
        
*ブロとも申請フォーム
        
*ブログ内検索
        
*RSSフィード
        
*リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。